パリ個展展示計画で悩む(><)

1月のパリ個展の実施計画の中で、一番困ったのが、作品の輸送方法です。

大手の運送会社には、小口の窓口がないし、ヤマトさんやUPSもEMSと同様に

フランスの民間の配送業者に引き継がれるそうなので、どうも不安です。

 

「そりゃ、A4をプリントアウトした紙をハンドキャリーで持っていって、

壁に貼ればいいという考え方もかるかもしれませんが、

せっかく多くの皆様かからサポート頂いているのに、展示が“しょぼく”なったら申し訳ない。」

 

「でも、一番顔が青くなるのは、配送業者にたのんだ作品が展示会場に到着しない展開!!!!!!」

 

こうなれば、もうお手上げ。

ここ数日、各方面へあたってみたものの、行き詰まってしまいました。


…で、商店街をブツブツ考えながら徘徊していたら、あることに気がつきました!

 

「押してダメなら、引いてみな」

「洋がダメなら、和でいけば」

「額がダメなら、掛け軸でいいやん!」

 

つまり、今まで“大きくて重いもの”をそのまま運ぶことを悩んでいたのですが、

大きいものは、たたんで小さく、重いものは、素材を軽いものして

運べばいいんだと思いました。

 

そして、額縁屋さんに行って、“掛け軸”を買いました。

これだったら、軽いし重ねられるし手持ちで一緒にパリへ行けます。

飛行機は1月は安いので直行便にしたので、ロストするリスクも減ります。

 

たたむ、折る、巻く。

 

これは、日本人の知恵なんですね。日本には参勤交代の歴史があるんですよね。

その時も江戸まで何を持っていこう?どうやって運ぼうという悩みがあったと

思うのです。そんな悩みを解決する知恵は、きっとたくさんあるんだろうと思います。


まさしく、温故知新です。


今回は個展のテーマは“日本の文化”を

紹介することでもあるので、展示コンセプトも統一感もでるので、

この方向で進めようと思います。

 

サポート頂いた皆様へのリターンのお届けの作業も進めておりますので、

よろしくお願いいたします。

 

また活動報告をいたします!

シリトリ
「シリトリ」アマゾンで発売中!
漫画チラシ
漫画チラシ
天満インキュベーションラボ
天満インキュベーションラボ   (入居先)
メビック扇町
メビック扇町
100円漫画発売中
100円漫画発売中