【第6報】エディット・ピアフのバー

昨日はイベントがなかったので、エスパス・ジャパンの場外をご報告します。

昨日も、近くの北駅で爆弾が見つかったということで、駅周辺には、銃をもった兵隊さんがいました。

エスパス・ジャポンの隣には、実は警察署があります。時々警察と間違えて入ってくる人がおられるそうです。

ランチは、近くのバンパーガーショップで。さすがにフレンチポテトが美味しいです。パンもお肉もその場で焼いてくれました。
4.5ユーロ。

エスパス・ジャポンのオーナー兼パリ「OVNI(オヴニー)」紙発行人・小沢君江さんのお誘いを受けて、
個展終了後メトロ3番線Porte de Bagnolet駅エディット・ピアフ広場の近くにある「バーエディトピアフ」に行きました。

店内でマリ・カズエさんが、エディト・ピアフのシャンソンソンの名曲を昔ながらのムードで、歌われていました。ウィンドウ越しに見える雨の中にぬれた道路を車が行き交い、映画の中にいるような不思議な気分を体験しました。バーのビールは4ユーロぐらいだったような。コンサートお代は、回ってくる帽子の中へ好きなだけ。

帰りのパリの夜の雨の道。

地下鉄でも、ギターのコンサートが、曲は「ホテルニューカルフォルニア」



パリの地下鉄の自動販売機、たまに出ないこともあるとか、、、
運だめしにいかがでしょうか?

仕事で滞在する時、やっぱり慣れた味を食べないと疲れがとれません。ルパン三世が車に山ほどカップ麺を積んでいた理由が、やっとわかりました。

ほんなら、また明日。
シリトリ
「シリトリ」アマゾンで発売中!
漫画チラシ
漫画チラシ
天満インキュベーションラボ
天満インキュベーションラボ   (入居先)
メビック扇町
メビック扇町
100円漫画発売中
100円漫画発売中