【パリ個展休日】文化をつなげる漫画の役割

「日本とフランスをユーモアでつなぎたい!」というのが今回のテーマですが、実際に個展を開催してみて、そのテーマについて思ったことをメモします。

1)自国の文化は、そのまま他国に押し付けるものではないし、そのアクションには知恵がいる。

2)すべて共有できなくても、少しでもお互い“何か気持ち”に触れることができれば楽しくなれる。

3)漫画は絵なので、言語の壁を越えることができる。

4)ユーモアは、2つの文化が接触するときのクッション材になる可能性がある。

だから、漫画は“よきコミュニケーションツールになる”可能性がある。


写真は、シルエットが対照的なジャコメッティの彫刻と私。
fondationlouisvuittonにて
シリトリ
「シリトリ」アマゾンで発売中!
漫画チラシ
漫画チラシ
天満インキュベーションラボ
天満インキュベーションラボ   (入居先)
メビック扇町
メビック扇町
100円漫画発売中
100円漫画発売中